スライドドアが途中で止まる原因はこれだった?

車が古くなってくると、スライドドアがなぜか途中までしか開かない!という現象が起きる事があります。

 

これは3つの原因が考えられます。

 

1つは給油口。これは給油口が開いていて、その空いている給油口にスライドドアが当たって開かなくなるというものです。

 

2つ目がワイヤーのトラブルによるものです。

 

上記2つの原因についてはこちらで詳しく説明しているので参照してください。

 

⇒ヴォクシーのスライドドアがなんで閉まらないの?原因を調べた!

 

スライドドアが途中で止まる原因はスライドドアのストッパーだった!

 

もう1つが、スライドドアと本体を連結する金具から出ている突起物にスライドドアが当たっているという可能性です。

 

応急処置としては飛び出ているストッパーをテープで巻いてスライドドアが当たらないようにするか、インシュロックで固定して引っ込めてあげてください。

 

少しの間はこれでしのげるはずです。

 

ただし、これは安全ストッパーなので使用できなくするというのは、安全上の問題もあります。

 

特にお子さんを乗せる際には、安全ストッパーが正常に機能しないと、スライドドアに挟まれるといった重大な事故につながってしまいます。

 

できれば修理した方が無難ですので、その点に十分注意して処置を行ってください。

 

 

 

この記事を読まれた方は、他にもこんな記事を読まれています。

 

⇒電動スライドドアの必要性は?

 

⇒ヴォクシーのスライドドアが手動・自動でも開かない!応急処置は?