ヴォクシーとステップワゴンのスライドドアが開かなくなる原因は同じ?

ミニバンの中でも、1,2の人気を争う、「ヴォクシーとステップワゴン」

 

今ではアルファードもすっごく人気ですね。

 

もともと最初に人気を博したのが、ホンダのステップワゴンでした。

 

ステップワゴンは1996年ごろから大人気となり、特に若者に絶大な人気を得ました。

 

かたやヴォクシーは、ステップワゴンより数年遅れて発売されましたが、最初はノアの人気に押されていました。

 

しかし、そのスタイリッシュな容姿に人気が集まり、今ではミニバンの1番人気の座を不動のものにしています。

 

ヴォクシーとステップワゴンはよく比べられますが、電動スライドドアの故障の原因も同じなのでしょうか?

 

簡単に説明していきたいと思います。

 

そもそも電動スライドドアの構造は、どの車メーカーも同じだった!

 

この2つの車種を比べる際に必要なのは、

 

「ホンダとトヨタがどのような電動スライドドアの設計をしているか?」

 

がすごく重要です。

 

このスライドドアの仕組みを調べていると、両車種ともに電動スライドドアにはモーターがあり、そこからワイヤーでスライドドアを動かしていることが分かりました。

 

スライドドアの構造、設計は細かな部品は違いますがほぼ同じです。

 

ちなみに、ステップワゴンのスライドドアの故障についてはこちらのサイトで詳しく書いてあったので参考にしてください。

 

⇒ステップワゴンのスライドドアが開かない!簡単に直す裏ワザは?

 

ただし、1つだけヴォクシーのスライドドアが開かなくなったり、閉まらなくなったりする独特な故障原因があります。

 

それがスライドドアのゴムパッキンに関することです。

 

こちらの故障はステップワゴンにはあまり見られない故障のようなので、ゴムパッキンを購入したり、交換したりすることはステップワゴンではあまりないようです。

 

⇒ヴォクシーのスライドドアが開かなくなる原因についてはこちら!

 

以上、ヴォクシーとステップワゴンのスライドドアの開かなくなる原因を探ってみました。

 

よければ参考にしてください。

 

 

 

この記事を読まれた方は、他にもこんな記事を読まれています。

 

ヴォクシーのスライドドアがなんで閉まらないの?原因を調べた!

 

ヴォクシーのスライドドアが途中で止まる原因は?