ヴォクシーのスライドドアが手動でも、自動でも開かない原因は?

ヴォクシーのスライドドアが開かない・・・。

 

こんな症状・・・(汗)そんなまさか!!

 

今や日本(国産)のミニバンの中でも、ダントツ人気を誇っている、トヨタの「ヴォクシー」。

 

昔から、父親と息子が、二人旅をしても室内が広々で楽しめるというコンセプトで人気になりました。

 

ヴォクシーの特徴は、スタイリッシュでどちらかというと、若者向け(まだ若いお父さん向け)といった感じでですが、誰もが気軽に乗れそうだというのも人気の秘密です。

 

実際、車を運転している姿を見ると、だれでもシャキッと見えるのはなぜでしょう。(笑)

 

そんなVOXYですが、ミニバンだけにやっぱり電動スライドドアが搭載されています。

 

「ウィーン、ガチャン!!」と音がして、イージークローザーが力が弱い人のサポートをしてくれるのもすごく嬉しいですよね^^

 

この機能も、本当に便利なんですよね!!

 

しかし、中古で買った車、初期登録が古く、年式も古くなってくると、この自動スライドドアにトラブルが起きるんです。

 

そのトラブルでよくある現象が、

 

「スライドドドアが開かない・閉まらない」という現象です。

 

このスライドドアが開かなくなる現象は、車が古くなってくると(特にAZR60型)どの車にも大体同じような症状がでます。

 

しかしこの故障は、言ってみれば「避けられない故障」なので、あなたにあった故障の対処法を見つけて対応する事が大事です。

 

それではヴォクシーの主なスライドドアが開かなくなる・閉まらなくなる原因を紹介します。

 

⇒すぐに修理代を確認したい!そんな方はこちらをチェック!!

 

 

@モーターのトラブル

モーターの画像

 

スライドドアはモーターの電力によって、自動スライドドアの開閉を行っています。

 

このモーターが古くなると故障して、スライドドアの開閉が正常に行えなくなります。

 

少しずつモーターも機能が劣化していくので、途中でスライドドアが開かなくなったり、閉まらなくなったりする現象も起こるようになります。

 

ちなみにこの症状を直すのは簡単で、モーターを交換するだけです。

 

このモーター(品番85610−58011)はトヨタで購入すれば20000円程しますがネットなどだと、1000円程で購入できたりします。

 

ちなみに型番は、PAN14EE12AA1です。

 

腕に自信がある方は、自分で直して修理代を安く済ますのも、1つの方法ですね!!

 

動画はこちら。
↓↓

 

Aチャイルドロック

赤ちゃんをだっこして笑っている母親

 

ほとんどの車に付いているんですが、ヴォクシーにも例外なく、「チャイルドロック」という機能がついています。

 

この機能は子供を守るための、すごく優しい機能で、チャイルドロックがかかっている車の中からスライドドアを開ける事ができなくなります。

 

これは、子供が誤って車外に投げ出される事を防止する機能で、ドアの動きに制限をかけるもので、何かの拍子でこのロックがかかってしまった可能性が考えられます。(恐らく足が当たったか、間違えてボタンを押してしまったかです)

 

ちなみに外からは開けられますので、内側からスライドドアが開かない時は、危険がないようエンジンを切ってから、外側からスライドドアを開けてみて下さい。

 

B電動スライドドアのメインスイッチ

ヴォクシーのメインスイッチ

 

自動スライドドアにはメインスイッチというものがあり、これが主電源となります。

 

なのでこのスイッチがオフになっていると、電動スライドドアがウンともスンともいわなくなりスライドドアが開かなくなります。

 

「あれ?全く反応がないんだけどどーいうこと?」

 

という時はこのメインスイッチを疑ってください。

 

Cワイヤーの切断や劣化

ワイヤーがもつれている画像

 

電動スライドドアの内部には、モーターがありこのモーターが自動スライドドアを動かしていると説明しました。そのモーターと連動してスライドドアを動かしているのが、

 

「ワイヤー」

 

です。

 

ワイヤーはモーターと一体になっていて、このワイヤーで引っ張ったりしてスライドドアの開け閉めを行っています。

 

スライドドアが開かない原因はワイヤーの可能性もあります。

 

ちなみにワイヤーがおかしくなっている時は「ガ、ガ、ガ!」といった異音がします。

 

一時的な対応として、ワイヤーを切ってヴォクシーの電動スライドドアを手動に切り替えるという裏ワザがありますので、よければこちらの動画を参考にしてみてください。

 

ご自分でされる方は、この動画がオススメ!!
↓↓

 

ちょっとした裏技方法として・・・

 

これはディーラーの人との付き合いがあれば、直接トヨタに依頼すれば、直してくれる可能性もあります。

 

トヨタとの付き合いがある人は、タダで直せる可能性がありますので検討してみてください。
(あくまで応急処置ですが、片側だけでも手動にするのもありですよ^^)

 

Dゴムパッキン(黒色)の劣化

ゴムパッキンの画像

 

車が古くなってくると、このゴムパッキンが劣化して形が変わってしまいます。

 

そうなると電動スライドドアを開閉する時にこのゴムパッキンがスライドドアと本体に挟まってスライドドアが開閉できなくなります。

 

これは部品の寿命で、ある意味仕方がないものでもあります。

 

対処法は、挟まっているガラスの横のゴムパッキンを、固いもので中に押し込んでください。

 

もう一つは強くスライドドアを強く閉めない事です。

 

強く締めると、そのはずみでゴムパッキンが挟まってしまいます。

 

ゆっくりスライドドアを閉めるようにしましょう。

 

この対処法は、このブログに写真付きで分かりやすく説明があります。

 

よければ参考にしてください。

 

↓↓
ヴォクシーのスライドドアが開かない! ゴムが原因?不具合の修理代は

 

E電気系統のヒューズが原因

車のヒューズの画像

 

ヴォクシーや、その他の車全てにヒューズがあります。

 

このヒューズは電気系統をつかさどるもので、このヒューズが何らかの原因で壊れると、電動スライドドアが開かなくなってしまいます。

 

原因として多いのは、室内灯を自分でLEDに変えようとした際に、ドライバーがネジなどに当たって、電気系統が壊れる事が良くあるそうです。

 

DIYは確かに節約になりますが、しっかり確認してから作業しましょう。

 

以上が主なスライドドアが開かなくなる(故障)原因です。

 

スライドドアの修理代はいくらぐらい??

電卓とお金の画像

 

次にスライドドアの修理代です。

 

メインスイッチ、チャイルドロックに関しては簡単になおりますので確認してください。

 

メインスイッチはハンドルの右下についています。

 

ゴムパッキンに関しては、一か所だけなら2千円〜4千円程度で済みます。

 

しかし、すべてのゴムパッキンを交換しようと思うと、2万円から3万円ほどかかります。

 

あまりお金をかけずに直したい人は、引っかかる部分のみのゴムパッキンを変えるのもありだと思います。

 

そして、びっくりする修理代がかかるのが、モーターの故障と、ワイヤー故障です。

 

この修理代は、

 

7万円〜10万円かかります。

 

これは工賃込の価格ですが、

 

「え!?まじ!!?」

 

って感じですよね。

 

でも実際本当なんです。

 

しかもこの症状が出ているという事はこれからどんどん車の故障が目立つようになってきます。

 

片側のスライドドアを修理しても、もう一つの電動スライドドアが故障なんて言う事も十分考えられますし、それ以外の故障となるともっと高額な修理も出てくるかもしれません。

 

しかし、ここからが、タダで車を直したい、さらに今より良い車に乗りたいというあなたにおすすめのサービスの紹介です。それを可能にしてくれるのが、

 

「車の一括査定」

 

という買い取りサービスです。

 

この車の一括査定というのは、自分の今乗っている車の簡単な情報を入力するだけで、ネットで複数の買い取り業者が一括で査定をしてくれるというサービスです。

 

以前までは自分で査定会社に足を運んで、一軒一軒査定を依頼していたので、時間も労力もかかっていました。

 

しかし、この一括査定のサービス使えば、わずか90秒で査定が終わってしまいます。(本当にトラブルがないので便利です^^)

 

さらに複数の買い取り業者というのが「みそ」で色々な買い取り業者が見積もりをしてくれるので、意外と高く車が売れるんです。

 

私も実際、10年落ちのヴォクシーに、

 

「47万円」の値がつきました。

 

もちろん金額が自分の思っているものと合わなければ売らなくてもいいんです!

 

さらに無料のサービスなので、今自分の乗っている車にどのくらいの価値があるかを知るだけでもかなり有益な事ですよ。

 

今乗っている車に、修理代をかけて車をなおして、さらにこれからの不安も解消されないまま今の車に乗り続けるのか?

 

今乗っている車を売って、新しい車の頭金にして今よりいい車に乗り換えるのか?

 

よければ試してみるのも良いかもしれません。

 

↓↓↓

 

 

 

 

 

ヴォクシーのスライドドアが閉まらない原因は、開かない原因と一緒なの?

 

電動スライドドアが故障した際、開かなくなったり、閉まらなくなったりしますよね?

 

特にネットなどで原因を探していると、情報が色々ありすぎて、本当の原因を掴むのにも一苦労です。

 

そこでここでは、開かなくなる原因と、閉まらなく原因を分かりやすくまとめてみました。

 

実は開かなくなる原因と、閉まらななる原因は少しだけ違う所にあるんですよね。

 

それをまとめた記事がこちらにありますので、参考にしてください。

 

ヴォクシーのスライドドアがなんで閉まらないの?原因を調べた!

 

ヴォクシーのスライドドアが途中で止まる原因は?

 

ヴォクシーや、ステップワゴン、ノアなどでもこの「スライドドドアが途中で止まってしまう」という不具合はよく見られます。

 

ここでは簡単に原因をまとめます。

 

@モーターのワイヤー

 

Aスライドドアのレールに異物が挟まっている

 

B安全装置が故障している

 

この3点が原因として最も多くなっています。

 

電動スライドドアがメリットデメリットは??

 

最近は、タクシーでさえもスライドドアが主流となってきています。

 

電動スライドドアのメリット・デメリットはどこになるのでしょうか?

 

ここでは簡単に、スライドドアのメリット、デメリットを紹介したいと思います。

 

電動スライドドアのメリット

 

・狭い所でもドアが開けられる

 

・開け閉めに力がいらない

 

・乗り降りが楽

 

・安全性が高い

 

・室内が広い

 

電動スライドドアのデメリット

 

・修理代が高い

 

・搭載されている車種が限られる

 

・電動ではないと閉めるのに多少の力がいるので、子供やお年寄りには閉めにくい

 

・価格が高い

 

・開閉する時のピーピー音がうるさいと気になる人もいる

 

といったメリットデメリットがあります。

 

スライドドア搭載車の購入を検討されている人は、上記のメリット・デメリットを参考にしてください。

 

電動スライドドアのピーピー音は消すことができる?

 

電動スライドドアはとても便利ですが、上記の電動スライドドアのデメリットでも記載しましたが、ドアを開閉する際に、「ピーピー」と音がなるといった特徴もあります。

 

これは特に新しい車種の電動スライドドアに搭載されている機能で、実際私は思った事もなかったんですが、音がうるさいと気になる人もいるようです。

 

ですので、どうしてもこの音を消したいと思っている人は、自分で小さくすることも可能なんです。

 

ただ、ちょっとしたメンテナンスの知識も必要なので、自分でやるのは少し難しいのが現状です。

 

以上、ここまでヴォクシーのスライドドアのあれこれを説明してみました。

 

スライドドアにはメリットもありますが、特有の故障などもあるのでその点を注意して、日々のカーライフを送りたいですよね^^

 

ぜひ参考にして頂きたいと思います。